hostsの設定変えたい時あるよね?

ってことで絶賛hostsの設定を変更してサーバーの移転の際にがんばっている私です。

windowsユーザーではないので、Mac限定になりますが、まず、どのような時にhostsの設定を変える必要があるのか。。。

hostsの設定を変える時

webを職業としている方ならサーバー移転なんてゆう時があると思います。

その時新サーバーを用意してそこにhtml一式等々を入れてドメインに対してネームサーバーを変更すればおおよそ数時間〜数日でサーバーの移転が完了します。

ただ、その際ネームサーバーの変更が完了してないと新サーバーで表示の確認ができません。

  • ちゃんとhtmlは表示できているだろうか。
  • フォームはちゃんと動くだろうか。
  • リンク切れ等ないだろうか。

などなど考えればやっぱりネームサーバー変更前に動作確認はしたいですよね。

また、ぶっちゃけhostsの設定しないと新サーバーにワードプレスいれれません!!

厳密にいうとインストールはできるけどブラウザで確認ができない以上、設定ができないので、サーバー変更後にするしかなくなってしまうのです!!

そして、こんな時にやると便利な、けど最新の注意を払って行うのがhostsの設定なのです。

hostsの設定をするとどうなる?

hostsの設定をするとどうなるのかというと、下記に記載しますが、通常、ドメインに対してそれぞれIPアドレスがついており、一つのドメインにアクセスしようとすると、ドメインに紐づいたIPアドレスを参照しに行き、そこに設定されているファイルを表示しているという形になります。

マルチドメインの場合はマンションやアパートを想像するとわかりやすいかもです。

IPアドレスが住所、ドメインが建物名から部屋番号と考えれば逆算してこの建物名はこの住所だからこの住所のここの部屋!!っていう感じで表示されています。

(すいません、たぶんこんな感じだとおもうのですが、間違っていたらコメントください。)

では実際にhostsの設定をしていきましょう。

hostsの設定

自分がMacユーザーなので、windowsの方は申し訳ありません。

それでは手順です。

1.ターミナルを開く

アプリケーション→ユーティリティ→ターミナルを選択してターミナルを開きます。

2.hostsの編集画面を開く

ターミナルを開いた後に下記を入力してreturnを押す

sudo vim /etc/hosts
 
3.パスワードを入力してreturnを押してhostsを開く
現在使用中のMacのパスワードを入力する
パスワードは表示されていませんが入力はされています。
 
4.hostsの設定を記入する
hostsを開くといろいろ内容が記載されていますが、もろもろ無視してカーソルを十字キーで一番下まで持っていきます。
この際deleteを押すと普通に表示内容が消えますので、注意してください。
 
一番下までカーソルが移動したらキーボードの「i」を押して入力モードにします。
入力モードにしたら下記の感じで入力します。
 
123.123.123.123 hogehoge.com
上記を説明すると初めのIPの部分は新しいサーバーのIPアドレスを入力してください。
サーバーのコントロールパネル等に行けばサーバーのIPアドレスを確認できると思いますので、ご確認ください。
IPの後ろのドメイン部分は対象のドメイン(今回の話でいうとサーバー移転対象のドメイン)を記載します。
対象ドメインが多い場合はその分記載します。
 
123.123.123.123 hogehoge.com
123.123.123.122 hogehoge2.com
123.123.123.121 hogehoge3.com
 
記入が終わったら「esc」を押して入力モードから離脱して「:wq」「return」を押して保存して終了します。
 
これでネームサーバー変更前に新サーバーを確認して設定を行うことができるようになります。
ただ、hostsの設定をしたPCでは設定を削除しない限り旧サーバーでなく新サーバーを見に行ってしまうので、必要に応じて設定を変更する必要がありますので、ご注意ください。
また、wwwありやwwwなしについても個別に設定する必要がある場合がありますので、その辺は必要に応じて設定してください。
 
また設定の削除方法ですが、入力モードにした後に必要なものを削除して保存して終了するだけです。
その際、もとから記載されているものは一切修正を加えないように注意してください。
正直設定かえてどうなるかは自己責任ですので、、、
 
 

おわりに

これで、hostsを設定することによってできることがわかったと思います。

ただし、hostsはPCの根幹にかかわる設定が書いてあることもあるので、十分に取り扱いには注意してください。

どうせならバックアップをとってから設定することをお勧めします。

hostsをいじったせいで問題が起きたと言われても責任はとれませんので、あくまで自己責任で!!!

不可視ファイルなので該当ファイルの見つけ方はそれぞれお調べください。

 
 
自分の備忘録なのになんか書き方がおかしいけどそこは気にしないようにお願いします。
 
それでは本日はこのへんで、、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする